トップ1 えびす皮フ泌尿器メイン 今月のコラム
スペースバー

■ 今月の一言  今月の一言

今月の一言イラスト2015年4月のテーマ

「尿道に違和感を覚えたら、患者さんは性病科に来院されますよね?」




コラム掲載 2015年4月



掲載一覧はこちらです。 ■今月のコラムはこちら。

 

尿道に違和感を覚えたら、患者さんは性病科に来院されますよね?

でもって、当然の如く医者に言われるがままに、おしっこを取るのでしょう?

 何故、おしっこを採る前に尿道を診ます、と先生が言わないことに疑問を持たないのですか?

 尿道に違和感があれば、通常、尿道炎を疑うから、性行為があったから、性病科に来るんじゃないの?

 尿道炎と性病が別の病気だと考えているとしか思えない患者さんが結構いるんだよなあ。

 俗に、クラミジア、淋病と君たちが呼んでいるのは、クラミジアが原因の尿道炎、淋菌が原因の尿道炎なんだよ。確かに、それは性病ですよね。

 確かに尿道炎の原因菌が性病の菌である確率は高いですが、性病ではない、通常雑菌と呼ばれる(例えば、大腸菌とか)菌が原因で尿道炎に罹る患者さんもかなりいるんですよ。

 性病の細菌は尿道粘膜にがっちり食らいつきますから、一度感染したらおしっこしたって流れないし治療しない限り殺せません。性病は、相手が膣もしくは喉に持っていていたものをうつされて感染しますよね。実に分かり易い。

 では、雑菌性尿道炎は何故起こるのでしょうか?先ず第一に雑菌には感染力はありません。人間の身体なんて、どこを調べたって雑菌の一つや二つは必ず存在します。

性行為の最中はその部位はヌルヌルベタベタでしょう。あれって全部タンパク質ですから菌にとってはご馳走です。性行為直後のペニス表面でさえ雑菌の三つや四つは付着していますが、射精した後の尿道内がどれだけ汚いか考えたことは普通無いでしょうね。

 精液の殆どは前立腺液です。前立腺液は精子に流動性を与えて卵子まで泳ぎやすくする目的とその精子にエネルギーを補給する大事な役割を担っています。つまり、性液は栄養分が豊富だということです。ってことは性行為で尿道内にたまたま侵入した雑菌にとってもものすごく良い環境なわけでしょう。そのままの状態で朝まで寝てしまったらある程度の強さを持った雑菌なら簡単に目覚めて暴れ出すますよ。すなわち、雑菌性尿道炎の出来上がりってわけですな。

 雑菌の出処は君の陰部かもしれないし、彼女の陰部かもしれません。大事なのはいずれにせよ、その雑菌は誰でも持っている感染力のない細菌だということなんですよ。

 で、最初に戻るのだけれど、おしっこする前の尿道初見、分泌物初見、必要なら分泌物を採取して細菌検査に出しておく、そうすれば雑菌の正体も分かるんだよね。それを、何も診もしないでおしっこ採ってしまったら流れてしまって何も分からないままで終わるわけだ。

まあ、いきなり尿を採らせる医者は尿道を診る気が無いのだから関係ないのだろうけど。

 今まで何回も述べていますが、尿道炎の治療で一番大事なことは、採尿する前の生の患者さんの尿道の状態(膿の出方、尿道の赤みetc)を詳細に観察することにあります。勿論、SEXのtiming、発症までの時間、来院時の自覚症状もたいへん重要です(つまり問診です)。

この二点からその時点で最適の抗生剤は的確に推測できます。

 尿道も診ないで、オシッコだけ採って(採った尿も見ていないのでしょう?もし、顕微鏡で診ていたと仮定しましょうか。尿道分泌物の量は通常かなり少量でそれを大量のオシッコで希釈して正確な情報が得られると思いますか?それで、一体何を根拠にグレースビットやジスロマックを処方されるのでしょうか。一週間後に結果が出て淋菌、クラミジアが陰性だったら、何の手がかりも無くどうやって次の抗生剤を選べるのでしょうか。

 僕の所にSecond Opinion で来院される患者さんが週7〜8人おられます。その方たちは、全員オシッコだけ採って上記薬を出されて効かず、淋菌、クラミジア共に陰性の患者さんばかりです。

その後、いろいろな薬を処方されて一向に良くならない方たちです。その場合、抗生剤を何種類か飲んでしまっているので雑菌はまず捕まりませんから、性行為から発症するまでのtiming,最初の症状、何の薬を内服して症状がどう変化したか(つまり問診です)を詳細に聞くことが適切な抗生剤処方のカギとなります。今まで、この方法で殆ど解決しています。

 尿道炎は適切な治療で通常2週間で治ります。

 3週間、4週間もかかることはまずありません。長引いている貴方、是非一度僕に診せてください。

 宜しくお願いします。

えびす皮フ泌尿器科 院長 原口 忠

2015年4月1日 

 

TOPへ診療内容性病について自費診療について性病即日検査泌尿器の病気
EDについて性病Q&A当院紹介院長プロフィールコラムリンク集

医療法人社団 朝日会 えびす皮膚泌尿器科
東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル4F TEL 03-3444-5128 FAX 03-5447-6125

えびす皮フ泌尿器コピーライト
えびす皮フ泌尿器科トップページへ