トップ1 えびす皮フ泌尿器メイン 今月のコラム
スペースバー

■ 今月の一言  今月の一言

今月の一言イラスト2009年7月のテーマ

「かみさんへの言い訳;PART 1.」




コラム掲載 2009年7月



掲載一覧はこちらです。 ■今月のコラムはこちら。

 

かみさんへの言い訳;PART 1.

今日も今日とて、賑わいワイワイ、えびす泌尿器科です。
患者A;「尿道がムズ痒いんですがー。」
Dr.Chu;「どれどれ、、、、、。きちんと培養の検査に出しておくけれども、クラミジアだと思いますよ。」
患者A;「やばい!かみさんとやっちまった。どうしよう?」
Dr.Chu;「++++++」
患者A;「先生、どうしたらよいでしょうか?」

毎度のことながら、以上のような会話が日に数回は繰り返されております。一度で懲りずに、二度三度と同じ会話を繰り返す猛者も7−8人はおります。
 さて、かみさん、もしくは彼女に何と言い訳をすればよいか。
全く無傷で済まそうたって無理な相談だもんね。
えっへん。肉を切らせて骨を断つのじゃ!
何の事かって?
 性交法、いや違った、正攻法でいかんといかんのだよな。
彼女から病気をうつされたとは、口が裂けても言えません。
でもかみさんに病院に行ってもらわなければならない。

さあ、どうする?
え?かみさんの分まで薬欲しいって?
冷静に考えて下さい。何て言って薬を飲んでいただくんですか?
彼女から病気をうつされちゃってさあ、たぶん君にうつしちゃったから薬飲んでください、とでも?
言えませんよねえ?

 わたくし、知っとります。かみさんにバットでなぐられた患者さん、ネクタイを全部ハサミで切られてしまった患者さん、もっともっとありますが、先を急ぎますので割愛させていただきます。 

さあ、どうすれば良いか?
 告白するのです。彼女とやってうつされたとは言えません。
 それでは何と言うか。キャバクラに行ってしまったと、満面に後悔の塊を浮かべつつ、先輩に連れていかれて、もしくは取引先のO部長がドーしてもと言って引きずっていかれたんだあ。俺は「いやだ」と言ったのに、先輩は許してくれなっかたんだあ。と泣き崩れましょう。
 ここで許してもらえれば、ちょろいもんだよなあ。
で、ここから第2ラウンド。

チーン!
「ふっざけないでよ。あたしに病気までうつしておいて、何さまのつもりなの。」
 いやですねえ、大人げないですねえ。男のカイショウじゃないですかねえ。 
 もう開きなおっちゃいましょう。彼女の一人や二人位でガタガタ騒ぐんじゃねえ、とは、言ってはいけません。絶対にいけません。あくまでも冷静にかみさんのボルテージを正確に測りながら、「仕事でやらなきゃならないことだってああああるんだ。俺だってつらいんだ。」


「+++++グサッ!」

 ピーポーピーポー

 わたくし知っとります。かみさんに包丁で刺された患者さんが数人いることも、、、、、、。 

  えびす皮フ泌尿器科 院長 いや今回は性病よろず診療所所長だな

 

えびす皮フ泌尿器科 院長 原口 忠

2009年7月1日 

 

TOPへ診療内容性病について自費診療について性病即日検査泌尿器の病気
EDについて性病Q&A当院紹介院長プロフィールコラムリンク集

医療法人社団 朝日会 えびす皮膚泌尿器科
東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル4F TEL 03-3444-5128 FAX 03-5447-6125

えびす皮フ泌尿器コピーライト
えびす皮フ泌尿器科トップページへ