トップ1 えびす皮フ泌尿器メイン 今月のコラム
スペースバー

■ 今月の一言  今月の一言

今月の一言イラスト2008年8月のテーマ

「急性期発症型単純ヘルペス 」




コラム掲載 2008年8月



掲載一覧はこちらです。 ■今月のコラムはこちら。

 

急性期発症型単純ヘルペスとは・・・

単純ヘルペスは急性期発症型と再発型に分けられます。
二つのうち症状の強い急性期発症型について述べたいと思います。

 HSV(HERPES SIMPLEX VIRUS)の初感染後に速やかに(3〜7日の潜伏後)突然の強い外陰部痛を伴って発症します。性器の症状は水疱性もしくは潰瘍性病変であり、通常は円形潰瘍を多数認め、時には潰瘍が癒合して地図状に見えることもあります。
 また疼痛は一般的に女性の方が強く、外陰部疼痛のために排尿困難や歩行困難になり、 全身症状として発熱、倦怠感etcを伴って入院を必要とする場合もある他、HSVは神経組織に感染するために排尿困難や便秘を引き起こすこともあります。

 口唇ヘルペスがほとんど1型であるのに対して陰部ヘルペスは1型と2型が混在しています。
そして急性期発症型は圧倒的に2型によって引き起こされているのです。もともとは口唇ヘルペスすなわち1型、陰部ヘルペスすなわち2型と言われていたものが、ORAL SEXの日常化により混在化して現在に至るものと考えられます。

 一度、急性期発症型を経験すると、また同じ症状に襲われるのではないかと怯える患者さんがいらっしゃいますが、強烈な症状は二度と来ませんからご心配無く。後は、比較的症状の軽い再発型が発症するだけですから抗ウイルス剤の内服もしくは外用で良くなります。
 急性期発症型の程度の重い場合、入院して抗ウイルス剤の点滴が必要となることもありますがね。

  最後に、陰部表面に発症していなくとも、すなわち潜伏期でも、陰部からのHSV感染は成立しますから一度も発症したことのないPARTNERから感染するということも起こりえるわけです。
 そういうカップルが引きも切らないという現実からもこのことが証明されていますよ。


 性病よろず相談所 えびす皮フ泌尿器科 院長 原口 忠

2008年8月1日 

 

TOPへ診療内容性病について自費診療について性病即日検査泌尿器の病気
EDについて性病Q&A当院紹介院長プロフィールコラムリンク集

医療法人社団 朝日会 えびす皮膚泌尿器科
東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル4F TEL 03-3444-5128 FAX 03-5447-6125

えびす皮フ泌尿器コピーライト
えびす皮フ泌尿器科トップページへ