トップ1 えびす皮フ泌尿器メイン 今月のコラム
スペースバー

■ 今月の一言  今月の一言

今月の一言イラスト2007年6月のテーマ

亀頭包皮炎はなぜ再発するのか。




コラム掲載 2007年6月



掲載一覧はこちらです。 ■今月のコラムはこちら。

 

亀頭包皮炎はなぜ再発するのか。

 性行為の際、いくら粘液で滑らかになっているといっても包皮部位、亀頭との溝の部位は軽い擦過傷の状態になります。通常はそのまま、普通の皮膚同様治ってしまいますが、ORAL SEX の場合は、歯があたって傷がついたり、強くすわれることにより通常は起きえない充血が起こります。つまり、炎症を起こす準備段階が出来上がっているわけです

 人間の口腔内には多くの雑菌、カビが潜んでいます。特に、お店の子の場合は菌量、菌種ともに強力かつ豊富で、その結果として亀頭包皮炎が引き起こされるわけです。

 亀頭部、包皮部ともに分類上は皮膚になりますが、実態は粘膜に近いひじょうにデリケートな皮膚ですから、炎症を起こしかけた場合、石けんをつけてゴシゴシ洗えば菌を擦り込むだけで、余計炎症を起こしてしまいます。ですから、その場合は、シャワーで時間をかけて分泌物を流すだけに止めてください。それでも治まらない場合はある種の塗り薬の調合が必要になりますので、来院してください。

 さて、最初の問題に戻りましょう。なぜ、亀頭包皮炎は再発するのか。

 一番多い例は完治していないのに治療を止めてしまう場合です。僕は個々の患者さんに合わせて塗り薬を調合し内服薬を選んでいますから、1週間以内に症状が治まってしまう例も多いですが、それは薬で炎症や菌を抑えているだけで完治はしていないのです。その状態で事に及べば結果は明らかです。

 二番目に多い例は、正しい治療を受けられないままに時間が過ぎてしまった場合と、自分で適当な塗り薬を使ってごまかしてきた場合です。あれだけデリケートな場所ですから炎症を抱えたまま時間が経てば経つほど元の状態に戻すことは難しくなってきます。

 外用薬、および内服薬で菌やカビを完全に取り除くことも決して易しくはありませんが、完全に取り除いても皮膚自体が弱って元の状態に戻りきらないケースを多くみかけます。

 まあ、先手必勝ですから、おかしいなと思ったらためらわずに来院してください。
 あ。それから、健康な亀頭包皮部は、こすっても全くカスはでませんよ。

えびす皮フ泌尿器科 院長 原口 忠

2007年6月1日 

 

TOPへ診療内容性病について自費診療について性病即日検査泌尿器の病気
EDについて性病Q&A当院紹介院長プロフィールコラムリンク集

医療法人社団 朝日会 えびす皮膚泌尿器科
東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル4F TEL 03-3444-5128 FAX 03-5447-6125

えびす皮フ泌尿器コピーライト
えびす皮フ泌尿器科トップページへ