トップ1 えびす皮フ泌尿器メイン 今月のコラム
スペースバー

■ 今月の一言  今月の一言

今月の一言イラスト2007年2月のテーマ

ストレス解消したい!




コラム掲載 2007年2月



掲載一覧はこちらです。 ■今月のコラムはこちら。

 

ストレス解消したい!

人間誰しも<ストレスフリー>とはいかないわけで、普通は生きていく為に仕事上ストレスを抱えながらも、限界を超えない限り黙って働いているのではないでしょうか。

 現在、精神的、社会的ストレスは誰にでも認められ、その結果として急性にせよ慢性にせよ、今まで比較的穏やかだった?生活リズムが狂い、不眠、不安、情緒不安定etcを経て、何らかの疾患、病気へと進展していく例が徐々に増加してしているように思えます。

 ストレスが原因の不快な感覚(ひょっとして悪魔の囁きか)を沈めるために、「気分転換をしましょう!リラックスする方法を身につけましょう!」などと、善人面下げていとも簡単に出来そうにぬかす偽善者をテレビでもよく見かけるが、そんな簡単な問題では無いことくらい自分だって解っているのだろうにな。

 リラクゼイション マッサージなんてのは健全で実に結構、適度に飲酒するくらいで済むならそれも結構。でもそれで済む人たちは、実は大したストレスなんか無いんだと思う。患者さんを診ていると、酒に溺れた人、快楽に身をゆだねて不治の病にかかった人、ギャンブルに嵌って抜けられない人、、、、、まあ、そういう人たちのうち何割かは人間性に少し問題を抱えていて、その場合は何とも言いようが無いけれども、「疲れた、疲れた」と言って漫然と時を過ごすような生き様は、心身共に何のストレス解消にもならないのではないだろうか。

 誰だって、自分の自由になる時間を持っているはずでしょう。トイレの中だけだって言う人もいるでしょうが、普通は何某かに自分の時間を作り出せると思うんだがなぁ。その時間を、だらだらと過ごすのでは無く、自分の楽しみのためでよいから、いや自分の楽しみのためにこそ目的意識をもって使って欲しいものです。そうすれば、ストレス解消にきっと役立つと思いますよ。

 自分の楽しみの為の時間を充実させられれば、たとえその時間が短くとも精神衛生上たいへん有効で、「病は気から」のたとえどうり、心身共に健康たりうる助けに必ずなると思います。

追補:でも、トイレの中って実はひじょうにリラックスできるんだよね。

 

えびす皮フ泌尿器科 院長 原口 忠

2007年2月1日 

 

TOPへ診療内容性病について自費診療について性病即日検査泌尿器の病気
EDについて性病Q&A当院紹介院長プロフィールコラムリンク集

医療法人社団 朝日会 えびす皮膚泌尿器科
東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル4F TEL 03-3444-5128 FAX 03-5447-6125

えびす皮フ泌尿器コピーライト
えびす皮フ泌尿器科トップページへ