トップ1 えびす皮フ泌尿器メイン 今月のコラム
スペースバー

■ 今月の一言  今月の一言

今月の一言イラスト2006年8月のテーマ

雑談(性病編 )




コラム掲載 2006年8月



掲載一覧はこちらです。

 

雑談(性病編 )

 当院では、診察室に入ってくるなり、「すいません!」と謝る患者さんを少なからず見かけます。

 聞けば、要するに余計な事をした結果病気になってしまい、先生の手を煩わせて申し訳ない、という話なのだ。

まあ、男なら(全員とは言わないが)多少身に覚えはあるわけで、たまたま当たるか当たらんかの違いだけだから別に謝るようなことでは無いよ。当方としては喜んで診せてもらってるから、気楽に来院してもらいたいな。

 ただ、今時のご時世、行きずりの相手とスキン無しで行為に及び、あげく病気になって来院する患者さんには、苦言を呈することになります。自分が病気であることを自覚していながら、不特定多数の相手と交わる確信犯もいるからね。知らない相手とするときは、絶対にスキンをつけること。そうすれば、命までは取られないよ。

 閑話休題

 患者さんに「治療期間中はSEX、ALCOHOLともにダメだよ」と言うと、十人中九人までがSEXはいいけれどもALCOHOLは何とかなりませんか、と宣うんだな。

 両方ともに薬の効果を殺いでしまうからダメなのであって、まして「酒が入った時は抗生剤を内服しませんでした」では、話にならないんだなあ。

 それで「先生、薬あまり効かないんだけどさ」なんて言われると流石に僕だってムッとするぞ。 

 抗生剤治療期間中は飲酒はダメ、薬は指示された通りに内服する(薬が合わない場合は別です)、これは鉄則ですから宜しくお願いします。

 どうしても抜けられない席(接待とか)は仕方が無いですが、極力飲酒量を控えること、酒が入る前に抗生剤は内服しておくこと(酒呑んじゃったら薬のことなんか忘れるでしょうが)が大事です。

皆さん、正しい治療で早く治しましょう。

えびす皮フ泌尿器科 院長 原口 忠 

 

TOPへ診療内容性病について自費診療について性病即日検査泌尿器の病気
EDについて性病Q&A当院紹介院長プロフィールコラムリンク集

医療法人社団 朝日会 えびす皮膚泌尿器科
東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル4F TEL 03-3444-5128 FAX 03-5447-6125

えびす皮フ泌尿器コピーライト
えびす皮フ泌尿器科トップページへ