トップ1 えびす皮フ泌尿器メイン 今月のコラム
スペースバー

■ 今月の一言  今月の一言

今月の一言イラスト2004年9月のテーマは

良いお医者さんて・・・?」です




コラム掲載 2004年9月



掲載一覧はこちらです。 ■今月のコラムはこちら。

 

「良いお医者さんて・・・? 」

こんにちわ。院長の原口 忠 です。今月のコラム、遅れまして、スマンです。
先月末に夏風邪をひいて、3日程寝込んでしまい、書けませんでした。

 医者のくせに、自分の健康管理もできないなんて、「医者の不養生」を、地で行ってますよね。

 さて、医者が風邪をひくと、どうするか。
   内科の先生に診てもらう?
   自分で適当に薬を飲む?

 通常は、まあ、後者でしょうね。なまじ薬が手に入るから、適当に飲んで誤魔化してしまう。抗生剤や痛み止めくらいは、どのお医者さんでも持っていますから、先ずは内服してみる、というわけです。
 それで治まらなければ、オカシイ?と考えて、お医者さんにかかればよいのに、もっと強い薬を飲んでみる、と。でもって、いよいよ、コレハオカシイゾ!お医者さんに診てもらわなければ、癌だったらどうしよう。なんて、思い悩むわけです。

HA!HA!HA!それは、僕だけか!?

 というわけで、今月のコラム、は、「良い医者の選び方」について、少しお話します。

 「患者さんの症状に興味がある。」、これは、もう、そのお医者さんの性格というか、もって生まれた特技のようなもので、「その病気は僕が治すもんね。」という意気込みと同時に、「あ!これは治せるぞ!」という喜びを生きがいにしている先生です。
だから、ヒントをひとつも見逃すまいと、患者さんの言うことをしっかり聞く、患者さんの様子をしっかり観察するように自然になります。これは、努力してなるというよりも、したくてそうなっているのです。

 「この患者さんは治せるぞ!!」、という喜びは、何者にも変えがたいもので、人間が好きだ、という性格を併せ持っていれば、これは、ある意味で、最高の良いお医者さんであります。 

ある意味とは、どういう意味かって?

それはね、人格的にめちゃめちゃ素晴らしくても、技術、能力が伴わない先生では困るでしょう。でも、結構いるんだな、これが。

追補:私も、そう言われないよう、頑張りますので、宜しくお願いします。

 

TOPへ診療内容性病について自費診療について性病即日検査泌尿器の病気
EDについて性病Q&A当院紹介院長プロフィールコラムリンク集

医療法人社団 朝日会 えびす皮膚泌尿器科
東京都渋谷区恵比寿1-7-11 吉原ビル4F TEL 03-3444-5128 FAX 03-5447-6125

えびす皮フ泌尿器コピーライト
えびす皮フ泌尿器科トップページへ